令和元年(2019)10月1日の消費税率引上げに伴う水道料金の適用開始は、次の通りです。

 〇令和元年(2019)9月30日以前から継続使用の方:令和元年(2019)12月以降の検針分から

 〇令和元年(2019)10月1日以降から使用開始の方:令和元年(2019)10月以降の検針分から

適用時期

 

お支払いの時期・納入期限

2か月に1度請求します。支払月は、 2か月に1度実施する定期検針日の翌月です。

*定期検針月及び支払月は、お住まいの地区によって異なります。

「検針日一覧表」はこちら

納入期限は、支払月の月末です。

*月末が土・日・祝日等の場合は翌営業日となります。

「水道料金のお支払い方法」はこちら

 

口径別水道料金単価表(1か月)

(消費税 10%込)

口径
(mm)
基本料金(円)
従量料金(円/㎥)
0~8m3
9~
16m3
17~
25m3
26~
50m3
51~
100m3
101m3
13
 
1,155
 
145.2
 
158.4
 
174.9
 
 
 
 
 
211.2
 
 
 
 
 
217.8
20
25
30
1,815
 
 
 
 
182.6
 
 
 
 
190.3
 
 
 
 
196.9
40
1,892
50
2,497
75
2,959
100
3,432
150
9,449
200
19,547

消費税率引上げ前の8%はこちら

  pdfファイル「料金単価表8%」をダウンロードする(PDF:54kB)

  pdfファイル「料金早見表8%」をダウンロードする(PDF:124kB)

 

水道料金の計算方法

(1)1か月8m3までの水道使用量を含む「基本料金」と、

(2)9m3以上の水道使用量によって加算される「従量料金」の合計額です。

 1か月当たり8m3までの使用の場合・ ・・(1)基本料金のみ

 9m3以上の使用の場合・・・(1)基本料金+(2)従量料金

 *「基本料金」、「従量料金」は、水道メーターの口径によって異なります。

*「基本料金」は、 水道施設の維持管理、検針、料金収納に要する経費が含まれています。使用中止の届出をされない限り、水道をまったく使用されなくても必要な料金です。また、料金の日割計算は、ありません。1か月単位での計算になります。

 

水道料金の計算例

口径20mmの水道で2か月間に40m3使用した場合の水道料金

40m3÷2=20m3  ←1か月の使用水量
基本料金  (0~8m3
1,155.0円
従量料金  (9~16m3) = 8m3
145.2円×8m3
1,161.6円
 (17~20m3) = 4m3
158.4円×4m3
633.6円
合計(1円未満切捨て) 2,950円
 2か月で40m3使用したときの料金    2,950円+2,950円 = 5,900円

*2か月の使用水量が奇数の場合の計算
例えば2か月で41m3使用の場合は、21m3と20m3でそれぞれ計算(1円未満切り捨て)し、合計します。

 

その他

ダウンロード

 pdfファイル「水道料金単価表」(PDF:50kB)

 excelファイル「水道料金計算シート」(XLSX:32kB)

 pdfファイル「料金早見表(口径13~25mmで2か月使用の場合)」(PDF:123kB)

 

下水道使用料についてはこちら

 

【料金・開閉栓に関するお問合せ先】

部署名 電話 所在地
出雲市上下水道局  営業総務課 0853-21-3511 出雲市姫原2丁目9-1
東部上下水道事務所 0853-63-5554 出雲市灘分町939-3
西部上下水道事務所 0853-43-1211 出雲市湖陵町二部1320