水道管を凍らせないようにしましょう。

気温がマイナス4℃以下になりますと、防寒の不完全な水道管は凍ったり、破裂したりします。冬は必ず防寒しましょう。

屋外の水道管、給湯器まわりは要注意

水道管が凍結しやすい場所は

  • むきだしになっている水道管
  • 風当たりの強い屋外にある水道管
  • 北向きで日陰にある水道管

また、給湯器を使用している場合、地中から出た水道管が、給湯器に接続するまでのむき出しになっている場所も要注意です。

凍結を防止する対策

水道管の保護

  • 露出配管に保温材(発泡スチロールやポリエチレン筒。ホームセンターにあります)を取り付け、ビニールテープをすきまなく巻く。タオルや布団も保温材の代わりになるので、その場合は紐でしばって、上からビニールテープを巻き、保温材が濡れないようにする。
  • 屋外の蛇口は特に凍りやすいので、夜間は布きれなどで覆ってビニール袋等で濡れないようにしておく。
  • 給湯器に直接風が当たらないようにする。
  • ガラリ(床下通気口)を閉じる。
  • 水洗トイレの暖房便座の電源を入れておく。

また、万一の凍結を考えて、トイレ等に使用するために、お風呂の残り湯を取り置くことも良い方法です。

水まわりが凍結したときは

凍結箇所を調べる

寒い朝、水やお湯が出なければ、凍結の疑いがあります。水は出るのにお湯が出ない場合、一番凍結の可能性が高いのは給湯器の入り口部分です。地中から出た管が給湯器へ入るあたりをチェックしてみましょう。
水が出ない水栓から順にたどり、屋外の配管や水道メーターボックスの周辺を調べます。
※普段からメーターボックスの位置を調べておきましょう。

亀裂や破損を発見したら

水道管や器具の破裂や破損を発見したときは、出雲市水道事業指定給水装置工事事業者(以下「指定工事業者」という。)に連絡してください。漏水があれば、止水栓(メーター器横に設置)を右に廻して水を止め るなどの応急処置をしてから連絡します。

凍結箇所の解決方法

水道管や器具に亀裂や破損がなく、単なる凍結の場合は、自然に溶けるのを待つか、タオル等をかぶせて、その上からぬるま湯をゆっくりとかけてください。水道管や蛇口に直接熱湯をかけると破損する場合がありますので、絶対にやめてください。

屋内の蛇口が凍結している時は、ストーブなどで室内を暖めることも有効です。

宅内漏水の検査方法

亀裂や破損が発見できない場合も、床下や壁の内側の配管などから漏水していることがあります。漏水は、水道メーターで確認できます。方法は、家中の全ての蛇口を閉めた後、水道メーターのパイロット(銀色)が回っていないことを確認します。少しでも回っていたら漏水していますので、指定工事業者へ連絡して下さい。

 (水道の故障をご参照ください。)