水道メーターから建物側の水道設備(「給水装置」といいます)は、お客様の所有物であるため、自己の責任において管理いただく必要があります。

 そのため、漏水があった場合でも、その修理費用、漏水に対する水道料金は基本的にお客様負担となります。

 ただし、本市では老朽化等の不可抗力により漏水された場合には水道料金の軽減制度を設けており、以下の(1)に該当する場合は軽減制度の対象となります。

 なお、(2)に該当する場合は軽減対象外となりますので、ご注意ください。

(1)漏水による料金軽減制度の対象範囲

  下記の(A)または(B)に該当し、かつ出雲市上下水道局のexcelファイル指定給水装置工事業者(XLS:332kB)で修理された場合に料金軽減制度の対象となります。

  (A)水道メーターの建物側から蛇口、トイレ、給湯器、太陽熱温水器等の給水器具(水を使用するための器具)までの水の配管のうち、

      土中、壁の中、床下などの部分が老朽化等により破損して漏水した場合。

  (B)受水槽のボールタップの故障による場合。

(2)漏水による料金軽減制度の対象外

  1.蛇口、トイレ、給湯器、太陽熱温水器等の給水器具(水を使用するための器具)の故障による場合。

  2.給湯器、太陽熱温水器等の給水器具以降のお湯の配管で漏水していた場合。

    3.出雲市上下水道局の指定給水装置工事業者以外の業者で修理された場合及びご自身で修理された場合。

    4.受水槽のボールタップよりも建物側における漏水の場合。

    5.事故や故意により漏水した場合。

    6.水道設備が竣工(完成)してから1年に満たない場合。

    7.漏水箇所を修理されていない場合。

    8.正規の手続きを経ないで行った水道工事に原因がある場合。

(3)軽減対象期別

  漏水の影響が最も大きい期別1回分のみが対象となりますので、漏水発見後早期に修理されることをお勧めします。

(4)軽減算定方法

  原則、前年の同じ時期と比較した差を推定漏水量とし、推定漏水量の半量に相当する金額を軽減します。

  (例)今回水量100㎥…a

     前年水量 50㎥…b

           ⇒推定漏水量(a-b)=50㎥…c

           ⇒軽減する水量(c×1/2)=25㎥

  ただし、前年と使用状況が著しく異なる場合等は、修理後の使用実績から推定漏水量を算定する場合もあります。

  その場合は、申請後2ヵ月程度お待ちいただきます。

(5)申請方法

  水道料金等(軽減・免除)申請書の提出が必要です。

    申請書は、「excelファイル指定給水装置工事業者(XLS:332kB)が記入される欄」や「漏水修理工事の写真や配管図面」を添付いただく必要がありますので、

  修理業者が作成、提出を代行されるケースがほとんどです。

  ただし、修理業者によっては書類作成に経費がかかる場合もありますので、事前に修理業者にご確認ください。

  〇申請に必要な書類

    ・水道料金等(軽減・免除)申請書

    ・漏水修理の写真(修理前・修理後)

    ・水道の配管図面

    〇提出先

    【お住まいの地域】     【 ご提出先】

     出雲・大社地域     ⇒  出雲市上下水道局 水道営業課

     平田地域        ⇒  平田上下水道事務所

     佐田・多伎・湖陵地域  ⇒  河南上下水道事務所

     ※郵便番号、住所はページ最下部をご覧ください

  〇提出方法

   郵送または持参によりご提出ください。

(6)斐川地域及び島村地区にお住まいの場合

    水道料金の軽減制度については、「斐川宍道水道企業団」へおたずねください。

  ⇒「斐川宍道水道事業団」

    〒699-0505 出雲市斐川町上庄原1749-1

    電話:(0853)72-8215

(7)下水道使用料の減免制度について

   漏水による下水道使用料の減免制度については、「下水道管理課」へおたずねください。

  ⇒「下水道管理課」

     〒693-0068 出雲市姫原2丁目9-1(上下水道局庁舎2階)

     電話:(0853)21-2226