出雲の水道の水源には、様々な種類があります。

出雲の中で最も大きな浄水場である「来原浄水場」の水源は、全て地下水であり、斐伊川のそばに井戸を掘って水を汲み上げています。

また、それに続く規模の灘分浄水場は、大部分の水を、斐伊川の中に掘った井戸から、川の下を流れている伏流水を汲み上げて使っています。

その他の浄水場の水源も、井戸からの取水が多いのですが、川の表流水とか、池や湧水を水源にしている浄水場もあります。