1.業務量

業務量では、給水人口・給水戸数とも前年度より増加しましたが、総配水量及び有収水量はいずれも前年度より減少しました。

  H30年度 H29年度 増減
給水人口(人) 144,407 144,283 124
給水戸数(戸) 55,477 54,538 939
総配水量(m3 16,913,517 17,235,381 △321,864
有収水量(m3 15,617,536 15,848,336 △230,800
有収率(%) 92.3 92.0 0.3
水道料金収入(千円、税抜) 2,502,051 2,536,636 △34,585

2.収益的収支

収益的収支とは、水道水を供給する経費とその財源のことであり、水道料金などの収入と、水道施設の維持管理や事務執行に必要な経費のことです。

                            (税抜、単位:千円)

区分 H30年度 H29年度 増減
水道料金 2,502,051 2,536,636 △34,585
受託工事収益 81,448 17,660 63,788
その他営業収益 49,046 82,653 △33,607
加入金 82,410 82,990 △580
その他営業外収益 535,784 548,366 △12,582
特別利益 1,435 2 1,433
合計 3,252,174 3,268,307 △16,133

 

区分 H30年度 H29年度 増減
職員給与費 316,494 315,184 1,310
営業費用 970,558 945,087 25,471
減価償却費 1,501,446 1,498,158 3,288
資産減耗費 36,547 44,095 △7,548
支払利息 216,721 230,887 △14,166
その他営業外費用 43,341 53,354 △10,013
特別損失 4,735 461 4,274
予備費 0 0 0
合計 3,089,842 3,087,226 2,616

 

当期純利益 162,332 181,081 △18,749

※ 前年度と比較すると、収入は、受託工事収益の増加がありましたが、有収水量の減少に伴う水道料金収入の減少などにより16,133千円の減額となりました。支出は、電気料金の高騰による動力費や受託工事費の増加などにより2,616千円の増額となりました。この結果、2年続けて営業費用を営業収益で賄えない状況となり、純利益は前年度より18,749千円の減額となりました。
 

3.資本的収支

資本的収支とは、水道設備を整備するための経費とその財源のことであり、水道施設の建設や改良などの設備投資に必要な経費とその財源となる国庫補助金、企業債などの収支です。

                             (税込、単位:千円)

区分 H30年度 H29年度 増減
企業債 300,000 300,000 0
国庫補助金 11,459 21,366 △9,907
工事負担金 135,190 134,555 635
他会計負担金 12,537 21,481 △8,944
他会計繰入金 429,698 404,266 25,432
合計 888,884 881,668 7,216

 

区分 H30年度 H29年度 増減
拡張事業 395,282 288,273 107,009
改良事業 1,698,973 1,195,349 503,624
企業債償還金 791,521 751,694 39,827
予備費 0 0 0
合計 2,885,776 2,235,316 650,460

 

財源不足額 △1,996,892 △1,353,648 △643,244

※  資本的収入及び支出(消費税込)については、収入は888,884千円、支出は2,885,776千円となりました。この資本的収入及び支出の差引不足額1,996,892千円については、消費税及び地方消費税資本的収支調整額及び損益勘定留保資金で補填しました。

 

 参考資料

pdfファイル「H30年度 損益計算書」(PDF:99kB)

pdfファイル「H30年度 貸借対照表」(PDF:164kB)