1.業務量

業務量では、給水戸数は前年度よりも増加しましたが、給水人口は前年度より減少しました。総配水量及び有収水量は、うるう年の影響で前年度よりわずかに増加しました。

  R1年度 H30年度 増減
給水人口(人) 143,552 144,407 △855
給水戸数(戸) 55,721 55,477 244
総配水量(m3 16,934,751 16,913,517 21,234
有収水量(m3 15,642,993 15,617,536 25,457
有収率(%) 92.4 92.3 0.1
水道料金収入(千円、税抜) 2,508,837 2,502,051       6,786

2.収益的収支

収益的収支とは、水道水を供給する経費とその財源のことであり、水道料金などの収入と、水道施設の維持管理や事務執行に必要な経費のことです。

                            (税抜、単位:千円)

区分 R1年度 H30年度 増減
水道料金 2,508,837 2,502,051 6,786
受託工事収益 88,734 81,448 7,286
その他営業収益 73,453 49,046 24,407
加入金 94,030 82,410 11,620
その他営業外収益 526,832 535,784 8,952
特別利益 42 1,435 △1,393
合計 3,291,928 3,252,174 39,754

 

区分 R1年度 H30年度 増減
職員給与費 307,959 316,494 △8,535
営業費用 994,646 970,558 24,088
減価償却費 1,518,333 1,501,446 16,887
資産減耗費 48,553 36,547 12,006
支払利息 200,987 216,721 △15,734
その他営業外費用 48,512 43,341 5,171
特別損失 581 4,735 △4,154
予備費 0 0 0
合計 3,119,571 3,089,842 29,729

 

当期純利益 172,357 162,332 10,025

※ 前年度と比較すると、収入は、加入金や受託工事収益の増加などにより39,754千円の増額となりました。支出は、受託工事費の増加などにより29,729千円の増額となりました。この結果、純利益は前年度より10,025千円の増額となりました。
 

3.資本的収支

資本的収支とは、水道設備を整備するための経費とその財源のことであり、水道施設の建設や改良などの設備投資に必要な経費とその財源となる国庫補助金、企業債などの収支です。

                             (税込、単位:千円)

区分 R1年度 H30年度 増減
企業債 300,000 300,000 0
国庫補助金 17,629 11,459 6,170
工事負担金 53,730 135,190 △81,460
他会計負担金 12,282 12,537 △255
他会計繰入金 453,631 429,698 23,933
合計 837,272 888,884 △51,612

 

区分 R1年度 H30年度 増減
拡張事業 69,426 395,282 △325,856
改良事業 1,325,589 1,698,973 △373,384
企業債償還金 826,940 791,521 35,419
予備費 0 0 0
合計 2,221,955 2,885,776 △663,821

 

財源不足額 △1,384,683 △1,996,892 612,209

※ 資本的収入及び支出(消費税込)については、収入は837,272千円、支出は2,221,955千円となりました。この資本的収入及び支出の差引不足額1,384,683千円については、消費税及び地方消費税資本的収支調整額、損益勘定留保資金及び建設改良積立金で補填しました。

 

 参考資料

pdfファイル「令和元年度 損益計算書」(PDF:98kB)

pdfファイル「令和元年度 貸借対照表」(PDF:151kB)