ほとんどの水もれはパッキンの交換だけで修理できます。

修理が困難な場合は、指定給水装置工事事業者へ修理をお申し込みください。