空き家等長期不在になる場合は、日常的な管理が行き届かなくなるため、漏水の発見が遅くなり水道料金等が過大になる恐れがあります。

 水道メーターから宅内側の給水装置は、所有者の皆様の財産ですので、適切な管理に努めましょう。

家を長期不在にする場合に確認すること

◆蛇口等の閉め忘れはありませんか?

 宅地内(外の散水栓を含む)すべての蛇口等が閉じていることを確認してください。

◆トイレや温水器の故障はありませんか?

・トイレ器具の故障により水が流れ続けることがあります。

 流水音が続く場合は、漏水している可能性があります。

・温水器やその配管の故障により、周辺に水が流出することがあります。

 

 これらの場合は専門の業者に修理を依頼してください。

◆水道メーターを確認しましょう

 すべての水道の蛇口を閉めた状態で水道メーター内のパイロットが少しでも回っているときは、漏水しています。

 その場合は、出雲市水道事業指定給水装置工事事業者へ連絡し、修理を依頼してください。

 事前にメーターの位置を確認しておきましょう。

 メーターの確認方法

◆長期間使用予定がない場合の手続き

 水道使用契約の中止(閉栓)の手続きを行うことができますので、出雲市上下水道局営業総務課

 (0853-21-3511)へ連絡してください。

 また、ホームページからも手続きを行うことができます。手続きはこちら

 手続きをしない場合は、水を使用しなくても水道料金等(基本料金)がかかります。

※中止(閉栓)後、使用を再開する場合は、水道使用契約の開始(開栓)手続きが必要となります。